有限会社ハビタスはWEBサイトのコンテンツ制作集団です。ホームページ制作、WEBサイト構築・運用、WEBデザインなどさまざまなサービスを提供します。

CMSの導入

ハビタスでは新規サイト制作や、サイトリニューアルの際に、CMSの導入をオススメしております。

Point 01

自社サイト運用担当者のスキルに依存せず、
タイムリーに更新が必要な情報を簡単に管理できる

Point 02

マルチデバイスへの対応が比較的容易に行える

Point 03

ランニングコストを削減できる

「タイムリーに更新が必要な情報を簡単に管理できる」

自社サイトを運用していく際、最も重要なことは「常に最新の情報をユーザーに提供する」ことです。
それを実現させるためには下記の方法がございます。

  1. Webサイト制作の知識を有するスタッフを、自社サイト運用の先任者として採用をする
  2. Web制作会社に更新作業をすべて一任する
  3. CMSを導入して更新作業を自社で行う

いずれの場合でもメリット・デメリットはありますので、一概にどれがベストな選択であるかの基準は、各企業それぞれの事情により異なりますが、弊社では「3.CMSを導入して更新作業を自社で行う」ことをクライアントには推奨をしております。
ただし、すべてのコンテンツをCMSで更新していくことも可能ですが、初期構築時のカスタマイズが多くなることがあり、コストの面でオススメはしておりません。
更新頻度の高いコンテンツをCMSで更新できるように調整し、その他コンテンツの更新については都度ご依頼いただくことで、Webサイト運用の「良いとこ取り」が実現でき、運用担当者のスキルに依存しないサイト運用と長期的なコスト削減が可能です。

世の中には非常に多くのCMSがございますが、ハビタスではオープンソースソフトウェアの「Wordpress」の導入を推奨しております。

WordPressをオススメする最大の理由は「豊富なプラグイン」です。
Wordpressは世界中で最も使用されているCMSなので、プラグインの数も他のCMSに比べて豊富にございます。
プラグインを導入することにより、システム開発が不要となり、導入時のコスト削減につながります。

また、最近ではPCからのアクセスだけではなく、スマートフォンやタブレットからのサイトアクセスも急増してきております。
それらマルチデバイスへの対応も、Wordpressを用いることで比較的容易に対応させることが可能です。

CopyRight ©2013 HABITUS All Rights Reserved.