MOTTO #03 もっと気軽に相談したい

ウェブサイトの困りごとを、もっと気軽に相談したい

ウェブ担当者様は、よくわからない問題や、困りごとに直面することがあります。
そんな困りごとがあれば、お気軽にご相談ください。私たちは15年の経験の中で多くのご相談に応じてきましたので、相談対応力には自信があります。

IT技術やウェブ技術の進歩、変化はいつも急速です。そのため、常に知識、情報をアップデートしていかなければなりません。2,3年前には常識として通じていたことがいまは通じなかったり、むしろ禁止事項になってしまったりということも、よくあります。

一例を挙げれば、最近では、Flashの廃止があります。Adobeが提供してきたFlash技術は、かつてはウェブサイトで動画を表示する場合の事実上の標準と言っていいくらいに普及していました。

しかし、セキュリティ上の問題が次々と発生し、現在ではGoogle Chrome、Firefoxなどのウェブブラウザで原則非表示の扱いとなっています。そしてついに、Adobeは2020年までにFlashの提供を打ち切ると発表しました。今までFlashで提供していたコンテンツがあれば、別のプラットフォームに置き換えなければなりません。

また、いわゆるSEOテクニックに関しても、Googleがたびたびアルゴリズムを大きく変更することなどから、常に最新の情報に気を配らなければなりません。4、5年前に「SEOの常識」とされていたテクニックの大半は、現在では通用しなくなっています。

ウェブ担当者様が困難に直面しがちなもう1つの理由は、中小規模の企業においては、兼任でウェブを担当していることが普通だからです。広報セクションの方が兼任しているのはよい方で、総務や、営業の方が兼任していることもあります。また、規模が小さい会社や士業の方などは、経営者自らが「ウェブ担当者」となっていることもあるでしょう。

そのような兼任の場合、ウェブサイトの運用に割ける時間が限られるため、運用の質量が低いまま改善できなかったり、効率の悪い方法やセキュリティ上問題のある古い方法を使っていたりすることが、よく見られます。

ひどいときは、前任のウェブ担当者がろくに引き継ぎをしないで辞めてしまったため、なにをどうすればいいかまったくわからず、放置してしまっている会社も、実は少なくありません。

そして、「システム会社やデザイン会社に相談してみたけれど、専門用語で難しい説明をされて、結局よくわからなかった」ということも、残念ながらよくある事態です。

このような、いわば内容以前の、体制的な部分に起因する悩みや困りごと、トラブルも、私たちは多数解決してきた実績を持ちます。その経験をもとに、どんな方にもわかりやすく、丁寧な説明、ご対応を心がけております。

ハビタスはウェブ担当者様の「もっと気軽に相談したい」の声に応えます。

ウェブサイト・コンテンツの
企画・制作・運用でお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、お見積りのご依頼は無料です。

メールでのお問い合わせ


お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ


03-5489-7778 平日 10:00~19:00
GO TO TOP