RENEWAL ホームページリニューアルならハビタスにおまかせ!

中小企業、個人事業主のための
ビジネスに役立つ、集客できるホームページリニューアル

中小企業経営者、個人事業主の方に質問です。

御社のホームページは、御社のビジネスにどの程度貢献していますか?

もし、「あまり役になっていない」「活用していない」とお感じなら、ホームページのリニューアルをするべきです。

とくに、中小企業(※)の場合は、大企業にくらべても、ホームページのリニューアルが非常に重要になります。 (※個人事業を含みます。以下すべて同じです)

また、現状ではそれなりに有効にホームページが機能していると感じている場合でも、御社のホームページが4年以上前(2013年以前)に作られている場合は、いますぐリニューアルをすることで、さらにその効果を高めることができます。

なぜ中小企業こそホームページをリニューアルすべきなのか

中小企業こそホームページをリニューアルすべきである理由を説明します。

ホームページを、単なるネット上の宣伝用看板のようなものだと考えている方がいらっしゃいます。もちろん、ホームページにはそのような役割もありますが、それにとどまるものではありません。ホームページは、「企業と、企業をとりまく人たちとのコミュニケーションを円滑にするコミュニケーションツール」というのが本質です。

ここでいう「企業をとりまく人たち」には、見込み顧客、既存顧客、社員、就職希望者、取引先などがいます。
そして「コミュニケーション」とは、それららの人たちとの、商品・サービスの宣伝・販売、会社のブランディング、社内ロイヤリティの向上、人材採用、などのやりとりです。

大企業の場合は、会社や商品に対する顧客からの認知度がもともとありますし、また、ホームページ以外にも多くのコミュニケーションチャンネルを持っています。したがって、ホームページが果たすべき役割は、相対的に小さいものです。

それに対して中小企業は通常、コミュニケーションチャンネルの質も量も貧弱です。そのため、ホームページ活用による効果の影響が相対的に大きくなるのです。

ホームページを運用・活用するためにも、一定のコストはかかります。とはいえ、それは新支店を出したり、営業担当者を中途採用したり、テレビCMを流したりすることに比べれば、ずっと低いコストです。それでいて、正しく運用さえすれば、それらの手段に劣らない効果を得ることが可能です。

そういうわけで、資金も人手も余裕がない中小企業こそ、活用されないホームページを、成果を生むページにリニューアルすべきなのです。

ホームページから業務改革につながることも

中小企業のホームページリニューアルには、さらにもうひとつの効果があります。

それは、ホームページの見直しをきっかけに、自社の事業内容、業務プロセス、ひいては事業戦略を確認し、見なおすきっかけになるということです。

ホームページには、会社の事業、業務を全体的かつ、構造的に記載しなければなりません。さらに、マーケティング的な視点から、御社が顧客に届ける「価値」を適切なメッセージとして表現しなければなりません。

そのプロセスを通じて、自社の強みと弱み、競合との差別化、顧客に届ける価値、事業ドメインなど、事業戦略を構成する要素が、しっかりと再確認されます。

そして、もし事業戦略に矛盾があれば、ホームページが発するメッセージも矛盾のあるものになってしまうため、ホームページをリニューアルする過程で、否応なしに経営戦略、事業戦略が問い直されてきます。つまり経営戦略、事業戦略、あるいは業務プロセスなどが、ホームページから逆照射されてくるわけです。

このように、中小企業のホームーページリニューアルは、会社そのもの、事業そのものにも良い影響をもたらすのです。

ホームページをリニューアルするタイミングはいつか?

中小企業のホームページリニューアルには大きな効果があります。しかし、費用がかかることですから、頻繁にリニューアルすればいいというものでもありません。費用対効果をよく見極めることが大切です。

では、中小企業のホームページは、どんなタイミングでリニューアルすればいいのでしょうか?

これには、3つの基準があります。

(1)時間による基準

(2)ホームページの内容による基準

(3)経営・業務による基準

です。

(1)時間による基準

2013年以前に作られている

ひとつの目安として、作ってから4年以上経つ(2013年以前に作った)ページは、迷うこと無くリニューアルすべきです。その理由は単純です。2013年以前はスマホの普及率が低かったため、その時期に作られたホームページはスマホ対応がされていない場合がほとんどだからです。

一方、現在では、パソコンよりもスマホでホームページを見る人の方が多くなっています。スマホが主役、パソコンは脇役なのです。ホームページのデザインも、スマホとパソコンの両方に対応しているのが常識です。

パソコン画面用に作られたデザインでも、スマホで見ることはできますが、文字などが小さくなり、いちいち拡大操作をしなければならないので非常に使いづらく、訪問者の印象を悪くします。

さらに、googleなどの検索エンジンも、パソコン用ページとスマホ用ページを別々に扱っています。つまり、スマホ用のページを用意しておかないと、スマホで検索した際に、上位に表示されないのです。

リニューアルの効果:

スマホからのアクセスが増える。スマホで見た人に良い印象を与える。

デザインやインターフェイスが古くさく感じる

ITの世界は進歩が速いので、作ったときの流行しているデザインやインターフェイスを多用したホームページは、古くさくなりやすいものです。作られた年にかかわらず、ぱっと見の印象や操作性が古くさいと感じるページは、リニューアルを検討してもいいでしょう。

リニューアルの効果:

訪問者の好感度を上げる。行動力のある会社という印象を与える。

(2)ホームページの内容による基準

ホームページ更新作業などの操作性が悪い

現在のホームページでは、担当者が簡単に記事の内容を更新できるしくみ(これを「CMS」といいます。代表は「ワードプレス」というソフト)を導入するのが普通です。もしワードプレスなどのCMSが導入されていないため、更新に手間がかかったり、ちょっとした更新でもいちいち制作会社に作業を依頼したりしているなら、リニューアルすることで管理コストが削減できます。

リニューアルの効果:

ホームページ管理コスト、サーバコストなどの削減。更新作業の効率向上。

スマホ専用デザインが用意されていない

(1)でも触れましたが、現在のホームページではスマホ専用デザインがあることが常識です。2014年以降に制作されたホームページでも、スマホ専用デザインが採用されていないページは、すぐにリニューアルしましょう。

リニューアルの効果:

スマホからのアクセスが増える。スマホで見た人に良い印象を与える。

内容構成が複雑になった

ホームページを長く運用していると、製品情報などの記事がどんどん増えたり、カテゴリー自体が増えたり、あるいは減ったりしてきます。開設当初の設計と異なってくると、増改築を繰り返した建物のように、どこになにがあるのかごちゃごちゃしてわかりにくくなります。こうなってきたらリニューアルが必要です。

リニューアルの効果:

訪問者が求める情報を的確に提供できる。

サーバやプログラムのアップデートができない

サーバの状態が古く、最新のセキュリティ対策がとれない、使っているプログラムが古く、アップデートできないといった場合も、リニューアルしましょう。特に最新のセキュリティ対策が採れない場合は、急いでリニューアルしなければなりません。

リニューアルの効果:

セキュリティを高める。最新ソフトを導入できる。

顧客からの反応が落ちた

これまで伸びていた顧客からの問い合わせなどの反応が止まった、落ちてきたというようなとき、ホームページをリニューアルすることで、再成長させる可能性があります。

リニューアルの効果:

ホーページの反応率をアップさせる。

(3)経営・業務内容による基準

マーケティング戦略やプロモーション戦略の変更

たとえば、以前は若年層を中心顧客にしていたのを、中高年層まで顧客ターゲットを広げる、あるいは、法人顧客中心の営業だったのを、個人にも広げるといった場合です。こういった場合、ホームページが伝えるメッセージ(デザイン、文章など)も、全体的に見直した方がいいでしょう。

リニューアルの効果:

新しい戦略に沿ったメッセージの発信。ブランドイメージの刷新。

主力商品の交代、新サービスなどの開発など

主力の商品が新しいものになったり、新しい事業領域でのサービスをはじめたり、新支店を出店したりといったタイミングです。

リニューアルの効果:

新商品、新サービスを効果的にアピールできる。

担当者の退任などにより状況がわからなくなった

ホームページの管理を担当していた社員がやめてしまって、管理できなくなってしまうということが、中小企業では意外とよくあります。この場合は、新規にホームページを作り直すとともに、管理体制も見直しましょう。

リニューアルの効果:

リニューアルの効果:ホームページ管理コスト、サーバコストなどの削減。管理体制の刷新、再開。

最後に私たちがどんなホームページ制作会社なのかをご紹介します

中小企業のホームページリニューアルの必要性をご理解いただき、また、今がリニューアルのタイミングだと判断されたら、ぜひハビタスにご相談ください。

最後に、私たちの会社についてご紹介させていただきます。

ホームページの制作会社はたくさんあり、それぞれ、得意分野、不得意分野を持ちます。私たちは、訪問者を爆笑させるような面白コンテンツや、最新流行をいち早く取り入れたおしゃなページ作りは、少々苦手です。しかし、御社のビジネスにとってなにがベストなのかとことん真面目に考え、手間ひま惜しまず、最適なプランをご提案させていただくことにかけては、自信を持っています。

ハビタスは、創業から15年、ホームページ、制作一筋にまじめに仕事をしてきました。人数7名と会社の規模は小さいですが、だからこそ、中小企業のみなさまが抱える悩みや、お望みになることなどが、実感としてわかります。

ドッグイヤーとも言われるIT業界で、多くのお客様から仕事をいただき、15年の長きにわたって会社を続けてこられたのは、常にお客様のビジネスを発展させることを考え、真面目に仕事をしてきたからだと自負しています。

フルオーダーメイドのホームページで、お客様のビジネスを支えます。

また、世の中には、テンプレートを使って「パッケージ化」されたホームページを、低価格で制作する会社もあります。これはいわば「既製服」です。

私どもは、ひとつひとつのホームページごとに、その目的・内容・構成・デザインについて、ゼロから考えて、ご提案します。いわば、オーダーメイドのスーツです。そのため、どうしても「既製服」のように安い価格で制作することはできません。

もちろん、私たちもパッケージ化された「既製服」スタイルでホームページ制作をご提供することも可能です。しかし、そのやり方は、一時的にはたしかにお客様のコストダウンにつながるかもしれませんが、長期的にお客様のビジネスを発展させるという目的には、適さないと考えているためです。

そのため、私たちはファストフードやファストファッションの店のように、できあいのものをそのまま売っておしまい、というビジネスの仕方はしていません。

ビジネスパートナーとして、お客様と一緒に考え、ともに歩みます

一流のテーラーが、お客様の体型のみならず、仕事の仕方や生活スタイルまで考慮して動きやすいスーツを仕立てるように、一流のシェフが、お客様の好みのみならず、体調や気候などまで考慮して料理を作るように、私たちはそれぞれのお客様ごとに、そのビジネスを発展させるために最適なホームページを作ります。

いささか口幅ったい言い方ではございますが、私たちはお客様と一緒にお客様のビジネスを作り上げていく「パートナー」でありたいと、いつも考えております。

こんな私たちと一緒に仕事をしてもいいとお考えいただける方、あるいは、少しでも共感していただき「ちょっと話でも聞いてやるか」と思われた方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

ホームページのリニューアルを通じて御社のビジネスを発展させたいとのご相談があれば、日本全国、どちらにでもお伺いいたします。

ウェブサイト・コンテンツの
企画・制作・運用でお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、お見積りのご依頼は無料です。

メールでのお問い合わせ


お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ


03-5489-7778 平日 10:00~19:00
GO TO TOP