WEBSITE CREATION ウェブサイト制作

ウェブ担当者と二人三脚で
ゴールを見据えたウェブサイト制作と、
問題解決をサポートします

ウェブサイト制作で一番大切なことは、なんでしょうか?

ウェブサイト制作でもっとも大切なことは、サイトのゴール=「なにを目的としてウェブサイトを作るのか」を明確にしておくことです。

このページをご覧になっているのは、ウェブサイトの新規制作、またはリニューアルをご検討なさっているウェブ担当者だと思います。

「なにを目的としてウェブサイトを作る(リニューアルする)予定ですか?」と聞かれて、即答できれば、以後の制作ステップもスムーズに進み、サイト制作(リニューアル)は成功する可能性が大きいでしょう。

一方、この質問に即答できない場合、いま一度、ウェブサイトのゴールを明確化するよう、社内で検討なさってみてはいかがでしょうか。

ゴールから逆算したウェブサイト作り

私たちがウェブサイトのリニューアルや新規制作のご相談をいただく時に、上記の質問をすると、一番多いご回答は「会社のウェブサイトは、あって当たり前だから」です。

もちろん、ウェブサイトを作る動機としては、「あって当たり前」だと思うことも理由としてあるでしょう。しかし、せっかく予算をかけて作るのですから、単に「あるだけ」ではもったい!

それに、「あって当たり前だから作る」では、どんなウェブサイトにすればいいのかも、はっきり定まりません。

まずウェブサイトが達成すべきゴールを設定し、そこから逆算してどんなサイトを作るべきかを考えた方が、良いウェブサイトができるでしょう。

ウェブサイトのゴールには、次のようなものが一般的です。

・新規顧客獲得(実店舗への集客、サービスへの問い合わせ等)
・会社または製品・サービスのブランディング
・製品・サービスの販売(EC)による売上
・広報
・リクルーティング

もちろん、1つのウェブサイトが1つの目的だけを持っているとは限りませんが、中心的な目的を明確化できていれば、ウェブサイトを上手に活用する初めの一歩を踏み出すことができます。

あなたがウェブサイトで困っていることはどのタイプですか?

具体的にどんなゴールを設定し、どういうサイトを作ればいいのか。それは、各企業の事業内容や、マーケティング課題などによって異なってきます。

それをウェブ担当者だけで判断、決定することは通常難しいでしょう。経営層の理解が必要になりますが、私たちは、その段階からサポートさせていただきます。たとえば、社内会議でウェブサイトリニューアル案を通すための社内稟議書の書き方について、アドバイスを行ったことをする場合もあります。

このようにウェブ担当者と綿密に打ち合わせをしながら、ゴールの設定とそこからの逆算作業を進めていきます。

サイト制作のプロセス

ハビタスでは、通常下記のような全体プロセスで、ウェブ担当者と各段階の課題とメルクマールを共有しながら制作を進めていきます。

(1)ウェブサイトゴールの設定
(ウェブ担当者とハビタスとのゴールの共有)
 ↓
(2)システム要件、コンテンツの確認
(上記ゴールの達成のためには、どんなシステム、コンテンツが必要なのかを確認、ウェブ担当者と共有する)
 ↓
(3)UI、デザインの設計、提案
(システム、コンテンツを、どのようなUI(ユーザインタフェイス)、デザインで表現するのかを設計し、ウェブ担当者と共有する)

このような段階を経て、サイト全体を作り上げていきます。

サイト公開後の運用もトータルでおまかせください

さらに、ウェブサイトは一度作ったらおしまい、というものではありません。むしろ、ウェブサイトを公開した後の運用過程こそが、重要になります。

私たちは、サイト完成後のコンテンツ運用、プロモーションはどう展開していくかについても、豊富な経験から、最適なご提案をさせていただきます。

ハビタスには、ウェブサイト制作部門のほか、
・映像制作
・記事制作
・ウェブプロモーション
の各部門がありますので、必要に応じて、写真や動画の撮影、記事の取材・執筆、さらにプロモーション広告の設計や運用など、トータルに専門的な対応が可能です。

15年の経験が、ウェブ担当者の様々なお悩みを解決します

ハビタスは、ウェブサイト制作会社として15年を超える歴史の中で、ウェブ担当者から様々なご相談をいただき、解決していてまいりました。御社でも、次のようなお悩みはございませんか?

「ウェブサイトを新規に制作したいが、
 何をどうしたらよいかまったくわかりません」

初めてウェブサイトを制作される場合、何から手を付ければ良いか分からないとおっしゃる方は非常に多いです。
私たちは、ウェブサイトのゴール設定のコンサルティングから、最適なコンテンツ、デザインのご提案に至るまで、トータルな対応力で、多くのお客様をサポートさせていただいております。

「いま頼んでいる制作会社の担当者は小回りがきかなくて困っている」

すでにウェブサイトをお持ちの企業様の場合、お付き合いのある制作会社があると思います。
・対応に小回りがきかない。
・営業担当者に話したことが、現場の人にうまく伝わらず、時間がかかる。
・難しい専門用語で説明されて、よく理解できない
といった不満をきっかけに、弊社に依頼いただくこともよくあります。弊社では、小規模な制作会社ゆえの小回りの利く対応、わかりやすく丁寧な説明を心がけており、多くのお客様に評価をいただいております。

「ウェブサイト担当者が会社を辞めてしまい、何もわからなくなってしまった」

ウェブサイトに関するすべてを把握していたウェブ担当者が退社してしまい、ほんのわずかな修正をするために、更新のやり方を調べて無駄な時間を費やしたり、更新が面倒になってウェブサイトの更新を止めてしまったりしている企業様は、案外多くいらっしゃいます。
ハビタスでは、新規サイト制作やリニューアルのご相談だけではなく、既存サイトの更新業務だけを引き継ぐことも可能です。このように「困った!」と思ったときは、お気軽にご相談ください。

「社内で更新できるシステムを導入したが、
 思っていたよりも更新に時間と手間がかかる」

ウェブサイトの更新作業を社内で行えるように、CMS(「ワードプレス」などの、記事更新システム)を導入する企業様が増えています。しかし、想定していたよりもウェブ担当者の負担が大きく、結局、頻繁な更新が実現できていないということはありませんか? 社内で更新作業を行えるとしても、多大な時間をかけていては、人件費を計算してみると外部に依頼していた方が安あがりだった、ということもあり得ます。
ハビタスは、専門ライターによる記事執筆など、運用面でのお手伝いもさせていただきます。

「運用をお願いしていたウェブ制作会社がサービスを止めてしまった」

自社ウェブサイトの運用をお願いしていた制作会社が、何らかの理由でサービスを停止しまうことも、よくあることです。
そういったとき、他の制作会社に引き継ぎを頼もうとしても、多くの制作会社は、他社が制作したサイトの運用を引き継ぐことに難色を示します。実際、サイトの作り方によっては、内部の解析など、非常に手間がかかることもあります。しかし、解決方法が全くないわけではありません。
ハビタスにご相談いたければ、ご一緒に解決方法を考えていきます。

「ウェブサイトを公開、どんな情報を更新していけばいいかわからない」

冒頭で触れたように「あって当たり前だから作る」という感覚だけでウェブサイトを作ると、後々、こういう状態になってしまいがちです。
サイトに訪問してくれるユーザーに対して、そのユーザーが求めている情報を適切に提供できることが、サイトにとっては最も大切なことです。
「それはわかっているけど、具体的に何を更新していいかわからないよ」というウェブ担当者の悩み(なげき?)をお聞きすることが非常に多いのですが、更新すべき情報は必ずあります。
当事者では見えにくいことも、第三者の視点では非常に魅力的なコンテンツとなることもありますので、まずはご相談ください。

ウェブサイトの問題解決は、ハビタスへ

上記の典型例以外にも、ウェブ担当者の皆さんは、多種多様な困りごとに日々悩まされていることと思います。

私たちは、多くの経験から実地で得てきた、様々な解決策をご提案可能です。ウェブサイトの問題解決は、ぜひ私たちにおまかせください。

ウェブサイト・コンテンツの
企画・制作・運用でお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、お見積りのご依頼は無料です。

メールでのお問い合わせ


お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ


03-5489-7778 平日 10:00~19:00
GO TO TOP