銀座髙橋洋服店

髙橋洋服店は、1903年(明治36年)に創業された、銀座でももっとも古い注文洋服店です。店主はじめ、洋服作り一筋に修行した職人たちが、お客様のご要望を直接お伺いしながら、銀座のセンスにあふれた一着を作る誠実なテーラーですが、以前は口コミ紹介による来客がほとんどでした。
そんな老舗テーラーがウェブサイトのリニューアルによってどう変わったのか。店主の高橋純様に、お話をうかがいました。

銀座髙橋洋服店 高橋純さんとハビタス森

ハビタスにリニューアルをご依頼いただく以前のウェブサイトは、どのようにしてお作りになられたのですか?

だいぶ前なのではっきりとは覚えていませんが、取材でご縁ができたライターさんが、「実は本業はウェブサイトを作ることなんです」とおっしゃいまして、そのときうちはウェブサイトがなかったので、作ってもらうことにしました。あまり深く考えずに「とにかくなにか作っておこう」というくらいの安易な気持ちでお願いしたように記憶しています。
そんな感じでしたので、作りっぱなしで、特にメンテナンスもしなかったし、新しく写真を撮った記憶もないし、正直言うとあまり記憶に残っていないんですね。

以前のウェブサイトでは、どんな問題がありましたか?

当時はウェブサイトの効果、ランニングコストについてはほとんど考えていませんでした。作りっぱなしで、経費もほとんどかかっていなかったですが、その反面、効果もまったく感じていなかったです。要するに単に「あるだけ」という感じだったので、問題点があるという意識すらなかったですね。

銀座髙橋洋服店 高橋純さん

そのウェブサイトをリニューアルしようと思われたきっかけは何だったのでしょうか?

正直言って自分では「サイトをなんとかしなければならない」という意識はありませんでした。きっかけと言えば、とあるパーティで森さん(ハビタス社長)を紹介されたことです。それで、後日連絡をいただいて「ウェブサイト作らせてください」と言われて、半ば強引にプレゼン。それで口説き落とされました。 「色気のあるサイト」作りましょうという提案をされましたね。ほんと、男も女も色っぽくないとね(笑)。

リニューアルの提案内容などで印象に残っていることはありますか?

「色気のあるサイト」ということで、海外のテーラーのサイトなんかをたくさん調べてくれて、向こうのテーラーはこんなコンテンツを掲載していますから、こっちでもやりましょう!とかね。
実は私は、それまでいろいろなサイトを検索して見るということもしないようなレベルだったんです。そのため、サイトを実際に作りながらいろいろ教えてもらったわけですが、へー、世の中の人はこんなにウェブサイトを見ているんだと思ったのは新鮮でしたね。それに、海外の老舗テーラーのサイトを結構紹介してもらって、確かによくできているな……、と感心しました。ハンツマンとかヘンリープールとかね。写真も素晴らしいし。

銀座髙橋洋服店 高橋純さん

その提案内容が、ハビタスに発注していただく決め手になったのでしょうか?

森さんが提案してくれた内容も良いと思いましたが、それに加えて、ITにくわしくない私にも非常にわかりやすいお話をしていただきましたし、予算もはっきりわかるように説明してもらいましたし。なにか1つが決め手というより、そういう対応のすべてに納得したのでお願いすることにしました。

ウェブサイトには記事コンテンツが多数掲載されています。記事の原稿はどなたが書かれているのでしょうか?

私どもは文章の素人ですので、大部分はインタビュー形式でお話しさせていただき、それを編集して記事にしてもらってます。もちろん、できあがった記事は必ず目を通してチェックし、私の気に入らなかったところは直してもらいました。嫌な顔をせず、何度でも修正してもらいましたし、そもそも文章を書くというのは大変な労力が必要なので、随分助かりました。多少の経費はかかりましたが、できた記事には大変満足しています。

銀座髙橋洋服店 高橋純さん

ウェブサイトのデザインについては、なにかご希望をお伝えになられましたか?

いや、特になにもしていません。森さんと話している間にまかせようと決めて、ほぼ100%「おまかせ」でした。うまく作ってくれたと思ってます。
弊社のような商売は、不特定多数の多くのお客様を対象とするわけではありません。洋服に強い関心、興味を持っている特定の方々に対して、どうすれば深く印象に残るようなサイトにできるかということを、ハビタスさんと一緒に考えました。 高価な商品を購入していただくわけですから、サイト上で完結するわけではありません。来て、見て、触って初めてお客様になっていただけるわけですから、「とにかく1回行ってみよう」と思っていただけるようなサイトを作っていただきたい、とはお伝えしました。

ご提案を差し上げてから、ウェブサイト完成までの過程で印象に残っていることありますか?

相談しながらのアイデアを一緒に煮詰めていく感じですね。オーダーメードでは、どういう順番で洋服ができていくのか、その制作工程をビジュアルに見せましょう、とか。
それと、私どもはそれまでも結構、雑誌などの取材を受けています。取材にいらっしゃる方にも、いろいろな方がいて、聞くのが上手な方、この人ならこういう情報出してあげよう、こういう風に話してあげようって思わせてくれるような人がいます。しかし、逆に「なんだこの人は?」って思うような、印象の良くない取材の仕方をする人も中にはいるんです。
ハビタスさんは前者のタイプで、かなり上手に私どもの考えていることや、仕事上のこだわりなどを聞き出してくれましたし、だからこそ二人三脚でウェブサイトを作れたと思います。

リニューアル後はどういった効果がありましたか?

以前のサイトのときには、あまり行っていませんでしたが、たまに「私どもをどうしてお選びいただいたんでしょうか?」とお客様にお伺いすると、だいたい、雑誌の記事を見て、それから知り合いに聞いてという口コミがほとんどでした。
リニューアル後、せっかく経費をかけて作ったのだから効果を確かめておこうと思って、必ずお客様にお伺いするようしました。すると「ウェブサイトを見て」というというお客様が圧倒的に多かったので、驚きました。そういう意味では大きな効果がありました。
最近では、新しくご来店の90%以上の方から「ウェブサイトで検索して」というご返事をいただきます。 同業他社さんのウェブサイトと比較して、弊社をお選びいただいたということですが、実際に来店されたお客様だけにお伺いしていますので、もちろん逆の方もいらっしゃるとは思います。
しかし、来店いただいたお客様については、私どもの洋服作りの対する考えをウェブサイトで読んで、共感いただいた上でご来店いただいているわけですから、比較的御用を頂く上で話がスムースに進んでいくようになりました。

銀座髙橋洋服店 高橋純さん

リニューアルしたウェブサイト公開後の話ですが、運用はどのように行っていますか?

「できるだけ更新することが大切です」とおっしゃっていただいて、私がエッセイを書きはじめました。実は、私が自分で記事を更新できるシステムを導入していただいて、指導いただいたので、自分で更新すればいいのですけど、原稿を送るとハビタスさんがすぐアップしてくれるので、お願いしちゃっています。
そういった細かいことも含めて全部やってもらっているので、サイトの管理には満足しています。優秀なスタッフの方もいらっしゃって、ITに弱い私がパソコンのことでわからなくなったりしたようなときも、電話をすればすぐにインストラクションしてもらえるので、大いに助かっています。
それと、ウェブサイトのアクセス解析レポートも送っていただいているので、いろいろ考える材料になっています。それにあわせて、新しい提案もいただいてます。

今後はウェブサイトをどのように活用していきたいとお考えですか?

私どもは、現在のウェブサイトに掲載している内容以上でも以下でもないので、基本的な内容構成は当面変える必要はなく、細かい修正、調整をしばらくの間繰り返していくことになるかと思います。ただ、アクセス解析レポートを見ると、若い世代のスマートフォンからのアクセスが年々増えているので、スマートフォンへの対応はしようと思っています。

銀座髙橋洋服店

ウェブサイト・コンテンツの
企画・制作・運用でお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、お見積りのご依頼は無料です。

メールでのお問い合わせ


お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ


03-5489-7778 平日 10:00~19:00
GO TO TOP